大麻と自閉症:イスラエルで実施された研究

大麻と自閉症:イスラエルで実施された研究

 

自閉症 は、XNUMXか月からXNUMX歳までの子供時代に発症する障害であり、社会的相互作用の欠如、コミュニケーションの欠如、限定的で反復的な行動の発現というXNUMXつの主な要因に関連しています。  

病気を引き起こす原因はまだ不明ですが、によって発表されたデータによると 国立神経研究所および脳卒中研究所 遺伝学は重要な役割を果たします。

自閉症は回復しない障害ですが、認知的または行動的性質のさまざまな種類の治療法が存在し、患者や親戚が日常生活を改善し、感情的、認知的、社会的地位を改善するのをサポートします。  

自閉症の治療における大麻の役割 

ノーザンダイバー社の サハーレゼデク病院 エルサレムでは、大麻抽出物による自閉症の治療に関する興味深いニュースが届いています。

このクロスオーバー研究では、自閉症の影響を受けた5人以上の子供たちが参加して、120つの国立衛生センターが調査されました。  

5歳から18歳までの患者は、高CBD濃度と低THC濃度を含むオイルで治療されました。

治療の有効性は、患者の親族と患者自身に宛てた質問票を使用し、同じ値の参照尺度を使用して検証されています。

The results of the study demonstrates how 61% of the patients showed signs of improvement from the point of view of behavioural disorders, while disorders related to anxiety and communications improved a 39% and 47%.
両親は33%の改善で定量化されたストレスのマイナーな形を報告しました。

研究は、の使用に関する非常に興味深い視点を強調しています カンナビジオール 自閉症に冒された患者のいる家族の生活の質の改善において。

 

Studies investigate the effectiveness of cannabidiol (CBD), the extract of the hemp plant, against the symptoms of autism spectrum disorders

 

自閉症と研究

米国では、カリフォルニア大学サンディエゴ校の医療大麻研究センターが、2017年4.7月末に、重度の自閉症の治療におけるCBDの使用に関する研究を行うためにXNUMX万ドルの寄付を受け取りました。

The study will be started in 2019 and, with the use of the most advanced scientific methods, will assess the applicability and safety of CBD therapy, the effectiveness against the symptoms of autism spectrum disorders, the possible interactions of CBD with neurotransmitters and its effect on cerebral connectivity, the possible alterations of the biomarkers of neuro-inflammation associated with autistic disorders.

研究は、てんかんのような他の神経学的病状がなく、比較的健康状態が良好な、30歳から8歳までの自閉症の11人の子供たちのサンプルで実施されます。 

0コメント

コメントを書く

コメントは管理されます