アルコールとCBDを混ぜることはできますか?

アルコールとCBDを混ぜることはできますか?

あなたがたまたまCBDを使用しているが、時々アルコール飲料を楽しみたいのであれば、それらを一緒に使用するのは良い考えであるかどうか疑問に思っているかもしれません。 残念ながら、それが安全に推奨できるかどうかを証明するために利用できる研究や情報は多くありません。 ただし、これらの物質を組み合わせる予定がある場合は、考慮すべきいくつかの有効なポイントがあります。 

CBDは何に使用されますか?

CBDはあなたがリラックスして落ち着いた気分にさせる方法であなたの体と脳と相互作用します。 多くのユーザーは、リラックス、平和、安堵、そして静けさの気持ちを報告する傾向があります。 それはその治療特性、多くの健康上の利点で知られており、さまざまな異なる病気や病気と戦うためによく使用されます。 より一般的な使用法のいくつかは次のとおりです。 

1. 痛みと炎症を最小限に抑える

私たちの体には、内在性カンナビノイドシステムと呼ばれるものが含まれています。 この特殊なシステムは、痛み、食欲、睡眠、免疫系の反応など、さまざまな機能を調節します。 体はエンドカンナビノイドを生成します。これは、神経系のカンナビノイド受容体に結合することによって機能する神経伝達物質です。

研究によると、CBDは、内在性カンナビノイド受容体の活動に影響を与え、炎症を軽減し、神経伝達物質と相互作用して痛みや痛みを和らげることにより、慢性的な痛みを効果的に軽減する可能性があります。 

2. 悪い睡眠習慣の改善 

CBDオイルは不眠症を制御し、実際に睡眠を誘発するのを助けることができる特性を持っています。 それはまたあなたの睡眠の質、そしてあなたが眠り続けることができる期間を増やすことができます。 多くの研究者は、CBDは不眠症の根源に取り組むことができるため、睡眠習慣を改善すると主張しています。 

その心を落ち着かせる特性は、睡眠の異常を減らすのに非常に効果的であり、これは、あなたが落ちて眠ることができない原因が不安やPTSDによるものである場合に特に役立ちます。 あなたがあなたの不安レベルを減らすことができるとき、あなたはより良くそしてより長い期間眠ることができます。 

特定の投与量は、実際に日中の眠気と闘い、持続的な眠気の症状を取り除き、目を覚まし、より活力を与え続けるのに役立ちます。 これにより、日中の過敏性や倦怠感が減り、夜に安らかな睡眠をとる可能性が高くなります。   


3. うつ病と不安を和らげる 

CBDは、不安、ストレス、うつ病の感情を和らげるための自然な選択肢です。 それはあなたがセロトニンを処理するのを助けることによって働き、あなたの体の中でその存在を安定させます。 

この化学物質のバランスが崩れると、不安や不安感に効果的に対処し、対処する能力が不足します。 これが、CBDが不安やストレスレベルの上昇を迅速かつ効果的に軽減し、ストレスへの対応やストレス管理能力に影響を与える理由です。 

アルコールはCBDの効果とどのように相互作用できますか?

CBDに関する背景情報が得られたので、それをアルコールと組み合わせるとどうなりますか? このテーマに関する情報はあまりありませんが、CBDとアルコールを一緒に使用することになると、おそらくプラスとマイナスの両方の効果があるという証拠があります。


1. お互いの効果を増幅する

アルコールを飲みながらCBDを使用すると、両方の物質の効果が潜在的に増加および強化される可能性があると考える理由があるかもしれません。 アルコールはリラクゼーションを促進する能力があり、大量に摂取すると眠気や鎮静を引き起こすことさえあります。 

CBDには、投与量に応じて、よりリラックスして疲れを感じるのを助ける能力もあります。 一緒に使用すると、XNUMXつの組み合わせがお互いの効果を強めることができることを示唆する理論があります。 これにより、気分や行動が変わる可能性があります。

 

2. CBDはアルコール消費に関連する健康への悪影響と戦う可能性があります 

過度の飲酒には有害な副作用がたくさんあります。 大量飲酒に関連する一般的な健康問題は、膵炎、特定の種類の癌、および回復不能な肝障害などの慢性疾患です。 また、炎症や細胞損傷を引き起こす可能性があります。 

CBDはアナンダミドを分解することで炎症と戦い、炎症プロセスに不可欠なサイトカインの影響を減らします。 したがって、それはあなたの体の望ましくない炎症を減らします。 

また、その抗酸化作用と神経保護作用は、アルコールの過剰摂取によって引き起こされる脳細胞と肝臓の損傷を保護し、それに対抗する可能性があると考えられています。 飲酒中にCBDを使用すると血中アルコール濃度が低下し、アルコール誘発性肝障害の予防効果が得られると主張する研究もあります。

最後のワード

アルコールの影響に対する反応は人によって異なり、CBDの使用についても同じことが言えます。 ある人はビールをXNUMX杯飲んでも快適ですが、別の人はXNUMX杯だけ飲んだ後、副作用がはるかに速く強く感じるかもしれません。 あなたがCBDを服用し、一緒にアルコールを飲むことを計画しているなら、おそらくあなたの最善の利益は各物質の用量を低く保つことです。 これまでにCBDを服用したことがないか、アルコール飲料を飲んだことがない場合は、最初にそれぞれを試してみて、別々にどのように反応するかを知っておくとよいでしょう。 

0コメント

コメントを書く

コメントは管理されます